プノンペン 調査

プノンペン・調査

カンボジアの首都プノンペン。現在200万人もの人が暮らしている大都市です。内乱で一時期は危険な時期もありましたが、現在は治まり、経済的に急激な発展を遂げています。高級車が街に溢れ、多くの人々で賑わうプノンペン。近年は日本の企業も数多く進出しており、在留日本人は1,500人ほど。飲食店だけでも30件ほど存在し、「ボンケンコンエリア」では見慣れた日本語の看板も目にします。尚、カンボジア自体の物価が安いため、日本人以外にも多くの外国人が訪れる地域で、欧米系の駐在員は15,000人ほど居ると言われる他民族の街なのです。人が集まればそれだけトラブルも発生します。プノンペンでも探偵社が行うことは変わりありません。浮気調査やデーター調査、人探しに特殊調査など、様々な問題に対し、迅速に対応できるようなシステムの構築をしています。

あらゆる民族が存在する街、プノンペン

かつてフランス人によって開かれたプノンペンの街は「東洋のパリ」とも称される街で日系、欧州、欧米、中国、韓国系などあらゆる民族が存在します。トラストジャパンに報告されるカンボジア関連のトラブルは、現地人とのトラブルだけでなく、移民同士のトラブルという例も多いのです。外国駐在員はトレンサップ側沿いのリバーサイドエリアに、日本人はシアヌーク通りからボンケンコンエリアにかけて集まっている事が多く、プノンペンという街の中でもそれぞれのエリアの情報を把握しながら情報収集を行います。

また、カンボジアでは特に車の運転マナーが悪く、特に人口の多いプノンペンは町中バイクで溢れており、事故も非常に多い街です。無免許運転をする者も多く、この街で追跡調査を行う際など、苦労を伴います。実際に粗悪な交通事情からプノンペンでトラブルに巻き込まれてしまったという話も聞きます。

プノンペンであらゆる調査を行っています。

プノンペンはカンボジアの首都で、多くの人や企業がある地域です。当然多くの人が動くことになるため、ちょっとしたことでもトラブルに発展する可能性もあります。問題が起こることを想定して、先に対策をするという方法も考えられますが、トラストジャパンではどういった場合でも協力可能な体制を整えています。

結婚前の身辺調査、取引前の企業の人物が信頼できるかについてのリサーチなど、事前に対応ができるトラブルは少なくはありません。また既に問題が起こってしまっていても、データー調査や尾行調査などを駆使して対応が可能です。トラストジャパンでは長いキャリアと実績を持った調査員による調査を行っています。プノンペンに関するトラブルでお困りの際は、是非ともご相談ください。

お問合せフォーム・無料通話アプリ リンク

  • お問合せフォーム・無料通話アプリ リンク
  • お問合せフォーム・無料通話アプリ リンク