カンボジア 企業調査

カンボジア企業調査

中国での賃金上昇、労働力の不足や政治的緊張などを理由として、海外での生産拠点をカンボジアなど、東南アジアの諸国に移転する企業が増加しています。カンボジアにおける日本の投資額は韓国や中国と比べると劣りますが、2012年の累計額では3.2億円にもなっています。商業省の登録数も2012年度では100社超となっており、カンボジアはいかに魅力的な移転先であることがわかります。それだけに、取引先についても慎重な調査が求められることから、カンボジアの企業調査の依頼は増えてきています。

日系企業も増えているカンボジア

プノンペンには既に飲食店だけでも30件以上の日系企業があり、コンビニエンスストア、レストラン、ショッピングデパートから自動車関連、工場関連など、あらゆる企業がカンボジアへの進出を考えています。その際、事前のリサーチは大変重要です。特に金銭感覚に至っては、カンボジア人も血筋が異る為、全く違ってきます。現地で起業するにしろ、共同経営や現地人を雇うにしろ、何かしらその土地や風習、協賛、関わってくるカンボジア人について知っておく必要があります。また、カンボジアでの企業調査は未然にトラブルを防ぐ為にも大変有効です。

カンボジアの企業調査はトラストジャパンにお任せ下さい。

既にカンボジアにある企業の調査も是非お任せ下さい。近年はカンボジアのセキュリティ技術も向上しており、通常の探偵社であれば情報収集が困難とは思われますが、当社は現地の企業とのコミュニティをフルに生かし、カンボジアでの企業の実態をこれまで幾つも検証してきました。今後この国と取引を考える企業であれば、尚更その企業の業績、現状、主要取引先、社長についてなど、情報を仕入れることは安心してあなたの会社をカンボジアで運営することに繋がります。先ずは、お気軽にご相談下さい。

お問合せフォーム・無料通話アプリ リンク

  • お問合せフォーム・無料通話アプリ リンク
  • お問合せフォーム・無料通話アプリ リンク