カンボジア 治安

カンボジア・治安

カンボジアの治安に関して、近年は、ある程度安定していると言われています。ただ、内戦が長期に渡り行われたため、銃器が広く出回っています。街の中心部にはまずありませんが、地雷も撤去されずに残されている地域も未だにあるとされており、危険とされているエリアには立ち入らない事が大切です。観光地としてカンボジアは様々な重要文化財もあり、自然も数多く残されている土地ですが、実際には現地人が観光客を狙った犯罪を犯すようなケースもあります。広くこの国内で調査を行う中で、この国の治安に関して実際に感じた事を述べさせて頂きます。

カンボジア・夜の出歩きと郊外は危険

カンボジアでは、日中と比べると夜間の外出は危険です。日中ならば人通りも多く、特に注意していれば危険も避けることはできますが、夜はエリアによっては危険な場所とされる所もある為、出掛けるとしたら徒歩は避けて、タクシーやトゥクトゥクを呼ぶことをお勧めします。シェムリアップであれば、中央市場やナイトマーケット近辺、プノンペンではリバーサイドエリアからナイトマーケットのエリアであれば夜間でも人が多く安全とされていますが、極力人気の無い夜道に立ち入ることなどは避けましょう。郊外についても、地雷の撤去作業がまだの地域もあります。強盗に襲われる可能性もありますので、郊外に行く際には極力複数で行動することをお勧めします。

カンボジアでの様々なトラブル

数年前、日本人観光客がプノンペンのリバーサイド地区で銃撃されるという事件が発生しました。また、日本人男性に多い例ですが、ガールズバーが多いウォーターフロント地区で羽目を外し過ぎてしまい、トラブルに巻き込まれてしまったというケースもあります。前述の銃器や地雷によるトラブルは、よほどのことが無ければ可能性は低いですが、特に地雷の場合、立ち入り禁止区域の指定がある場合は必ず近寄らないようにしましょう。その他、一般的なトラブルとして、観光中にスリやひったくりの被害に遭う、タクシーやトゥクトゥクの乗車後のぼったくりなども多く報告されています。カンボジアで観光や生活をするうえで、いつどんなトラブルに巻き込まれるかわかりません。長期滞在を考える方は、海外保険の加入も検討した方が良いでしょう。

■海外旅行保険に入る

どれだけ注意していても、海外旅行にトラブルはつきものです。万が一のことを考えて、海外旅行保険に入っておきましょう。そうすれば、万が一の時に補償を受けることができます。保険料金はそれほどかかりませんので、ケチって保険に入らず、結局損をすることの無いようにしましょう。
カンボジアに行く際は、旅行会社の選定についても、十分信頼できるところをリサーチして依頼をすることをお勧めします。

お問合せフォーム・無料通話アプリ リンク

  • お問合せフォーム・無料通話アプリ リンク
  • お問合せフォーム・無料通話アプリ リンク