カンボジア 夜遊び事情

カンボジア 夜遊び事情

カンボジアでは、風俗やクラブといった夜遊びができる場所が数多く存在します。歴史的建造物などのイメージがこの国では強いかも知れませんが、首都プノンペンではオカマショーなどを楽しめるクラブ、「クラシックナイツ」、有名な歌手も出演する「C2ラウンジ」、外国人に多く利用される「ハーツオブダークネス」などは地元民から観光客にまで幅広く愛されています。それぞれのクラブには違ったテイストがあり、言葉が通じなくても充分楽しめます。お酒を飲み、女性が接待してくれる高級クラブなども多く、ドレスコードがあるような場所も存在します。治安の事も考えると、カンボジアで夜遊びをする際は、あまり着飾らず、持ち物は身軽なもので行動することをお勧めします。

カンボジアのクラブでの誘惑に注意

カンボジアのクラブでは、様々な誘惑があります。何処の国でもそうですが、クラブでのナンパ行為も多くあります。ただの遊び目的という場合もありますが、窃盗グループや美人局である可能性も無いとは言い切れません。まず「ここは日本で無くカンボジアなんだ」と心得ることが大切です。クラブではドラッグの売買も頻繁に行われている場所が多いようですが、カンボジアは薬物の所持や使用に対して大変厳しい国です。外国人であっても禁固刑に処されてしまうような事もあります。カンボジアの誘惑に負け、つい薬物に手を出してしまった…なんていうことは絶対にあってはならないことです。

カンボジアの夜・充分な警戒心を持って

カンボジアは内乱の影響もあり、一時期は場所によっては危険な地帯でした。現在ではかなりの落ち着きを見せて、それに伴う経済発展も見せています。が、傷跡は現在も残り、地域によっては地雷がそのまま仕掛けられているような場所も存在します。経済的にも貧富の差が目立つことから、犯罪行為も起こることもある為、邦人観光客が羽目を外しすぎてしまい、夜遊びからトラブルに巻き込まれるという事態に発展することもあるのです。カンボジア人から見て、日本人を含めた外国人は特にお金を持っていると思われることが多いので、警戒心を常に抱いている事が必要です。

お問合せフォーム・無料通話アプリ リンク

  • お問合せフォーム・無料通話アプリ リンク
  • お問合せフォーム・無料通話アプリ リンク