カンボジア IDカード

カンボジアIDカード

基本的にカンボジアでは、18歳以上の国民であれば誰でもIDカードは持っているものとされます。カードの普及自体、従来はそれほど高いものではありませんでした。しかし、現在では9割以上のカンボジア人が持っていると言われています。カンボジアではIDカードそのものは無料で作成することが出来ると言われているものの、状況によっては支払いが必要な場合もあり、その為、長い間IDカードを取得出来ていなかった人も居たようですが、現在では多くの成人が取得出来ています。

あらゆる場所で提示を求められるカンボジアIDカード

カンボジアで生活していくにあたり、IDカードはあらゆる場所で提示を求められるものです。身分の証明はもちろんの事、一連の手続き関連や、夜間の飲食店、ナイトクラブを利用する場合も提示が求められることが多くなります。これまでアナログだったカンボジアのIDカードですが、近年はシンガポールなどの先進国に習い、デジタル化が進められているようです。基幹ネットワークの構築は完了しており、これから数年のうちにはカンボジアのIDカードの電子化が完了する可能性が高くなっています。

カンボジアのIDカードは調査においても重要な役割

個人の身分を証明するという重要な役割を担うIDカードは、このIDに記載されている番号によって簡単に自分の身元を証明する事も可能です。カンボジアで調査を行うにおいても、度々このIDカードが重要な役割を担うこともあり、カンボジアで行方不明者の人探しをする際なども、対象者のID番号やIDカードの情報を知ることが出来れば、調査を円滑に進める事が出来ます。特にカンボジア人に関する調査の場合、このIDに記載されている情報を知っているかどうかが調査解決の重要な鍵となることもあります。


お問合せフォーム・無料通話アプリ リンク

  • お問合せフォーム・無料通話アプリ リンク
  • お問合せフォーム・無料通話アプリ リンク